フローリングの修理はDIYでできる

main-img

フローリングは、畳に代わり多くの家庭に普及しています。

直接ソファーやテーブルなどの家具を配置しても良いですし、絨毯を敷けば、雰囲気も一気に変わり、万能の床材と言えるでしょう。

フローリングは天然の無垢材や合板があります。



一般家庭では合板のものが主流に使われているようです。
いずれの材質も「木」のため、生活していくほど、キズついてしまうものです。

普段からこまめにワックスがけを行っている家庭では、ワックスが表面をコーティングし、キズがつきにくくなっていますが、なかなか時間が取れないのが実情でしょう。フローリングの表面がキズついた場合の、自分でできる修理方法をご紹介したいと思います。

エキサイトニュースに関する疑問にお答えします。

まず、細かいキズの修理ですが、キズ消し効果のあるシートが販売されています。
お掃除シートと同じように表面を拭くだけで、キズが目立ちにくくなり、掃除も行える万能品です。

深くはないが、大きめのキズの修理は、専用クレヨンやシールも売っています。



クレヨンは茶色系のものが数本セットになっていますので、塗り重ねながら木目に近づけていくのがポイントです。

シールは、ご自宅と同様の木目のものを購入し、上から貼り付けるだけです。

買い物の際は、スマホなどで写真を撮り、サンプルとしてシールを探せばいいでしょう。深く大きめのキズの修理は、キズ埋めキットがおすすめです。
補修材を熱することで柔らかくなりますので、キズに埋め込みましょう。
冷えると硬くなり強度もあります。
こちらも茶色系統のものが、いくつかセットで売られています。

生活についての考察

subpage01

フローリングの住宅では、傷が付く行為は避けた方が無難です。特に車輪が付いたいわゆるキャスター付きの椅子の場合においては、そのまま使用すればフローリングが傷がすぐに付いてしまいます。...

more

皆が知りたい情報

subpage02

伝統的な日本家屋に代わって、モダンな近代建築やデザイン住宅が新築の主流となって久しい現代、住宅の床はほとんどがフローリングになりつつあります。掃除もしやすく見た目もオシャレで、どのようなインテリアにもマッチしやすいフロアのスタイルですが、唯一の弱点と言えば、傷が目立ちやすいところなのではないでしょうか。...

more

よく解る情報

subpage03

プロによるフローリング工事は、生活の質を大きく変えてくれます。日本においては長らく和室が利用されており、とくに古い家であれば、ほとんどが畳張りといったことも珍しくありません。...

more

生活の秘密

subpage04

今、住宅ローンの金利が下がり続けている事や、将来、増税になることを見越して、様々人が家を新築で建てたり、リフォームなどをして、家をきれいに整える事をしています。住宅メーカーや工務店、不動産など様々な媒体がある為、自分達にあった建物を決める事が大切です。...

more